集った人が共にからだを動かしながら何かコトを行い、共に食事しながら楽しく語り合うことができるのが、毎週火曜日の19:00から21:00に開かれる《ストレッチと夕めし》の場です。

何をするのかは毎回のお楽しみ。踊ったり歌ったり、モノを作ったり、思い出を語り合ったり、誰かの話を聞いたり。ダンスや音楽の専門家、あるいは普段の生活の中で言葉やモノづくりを積み重ねている私たち自身が“案内人”となって、その日のワークショップをリードします。ですから“ストレッチ”するのは、からだの筋肉だけではありません。普段はなかなか使われずに縮こまっている、からだのどこかを気持ちよく伸ばしてスッキリしたり、いつの間にか固まってしまった、こころのどこかを柔らかく解きほぐしてサッパリしたり。一人でもできるけれど、その場に集った人たちと一緒に行うと、もっと楽しく、もっと気持ちがいい。こうしてからだとこころを動せば、自然とおなかが減ってきます。

ストレッチのあとは、みんなで一緒にテーブルを囲んで“夕めし”をいただきます。何が出てくるか、これも毎回のお楽しみ。その日のシェフをかってでた誰かが作る“夕めし”に、もうひとつのご馳走である、参加したみなさんの笑顔と会話が加わります。誰かと一緒にからだを動かし、食べ、語り合うことそのものが、何かを作り、行うこと。いわば生活の中のアートであり、心地よい居場所です。

参加料は“夕めし”を含んでワンコインの500円。予約は不要です。リラックスできる動きやすい服装でご参加ください。